FC2ブログ
研修医日記/医療法人社団 札幌皮膚病理診断科
Sapporo Dermatopathology Institute
201809<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201811
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小宮暢子/研修医日記
 日本医科大学皮膚科に所属しています,小宮暢子と申します。 1月より,3ヶ月間の予定で研修をさせていただいております。すでに1ヶ月半,予定の期間の半分が過ぎてしまいましたが,遅ればせながら研修医日記を書かせていただきます。

 一番心配だったのが,雪が降っただけで交通の心配をする東京から,1月の札幌へ,という気候の違いだったのですが,寒さと同じくらい慣れるのが大変だったのが,リーディング開始が朝7時半から,という点です。夜型の非健康的な生活から一転,日が昇るか昇らないかという時間に起床,という健全な生活に強制変換することとなりました。今までのところ,かなりギリギリながら,遅刻・寝坊をせずにやって来れています。

 さる2月5日,東京で行われた皮膚病理指導医養成講座に参加させていただきました。そのときには,1ヶ月ちょっとの期間,毎日書きためつつもまとめる時間がないメモが,すでに3冊目に入っていました。その,木村先生が個々の疾患・病変に関して,毎日毎日,繰り返し教えて下さる知識を,この講座では系統的に講義していただけました。それでようやく,メモと同じように頭の中に細切れになっていた知識を繋ぎ合わせることができました。
スポンサーサイト
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。