FC2ブログ
研修医日記/医療法人社団 札幌皮膚病理診断科
Sapporo Dermatopathology Institute
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
剱持靖子/皮膚病理講座・基礎編を受講して
2009年度合格!

5月に、皮膚病理講座・基礎編を受講しました。
自分で教科書の全範囲の病理を勉強しようと思ったら
とても時間がかかりますが、たった2日間で、専門医試験に必要な病理の知識を網羅的に、大変効率的に勉強することができ、とても有用でした。
2日間は朝から夕方までびっしり講義で大変なようにも思えますが、1時間に1回くらいの軽い休憩を何度もはさみながらなので、集中して聞くことができました。
専門医試験のちょうど2ヶ月半前で、断片的に勉強していた知識、疾患をまとめてみることができたので、あいまいだった知識の整理にも役立ちました。
また、「あたらしい皮膚科学」にそったテキストなので、試験前に教科書を何度か読みましたが、その際にも(教科書に載っていない)病理や講義のメモを再度照らし合わせながら復習しました。
最後に、今までの筆記の臨床問題を抜粋したものや、
面接の解説を福本先生がしてくださいました。
試験(特に面接は)基本的な病理用語や、疾患を聞かれることが多く、講義をしっかり勉強すれば病理に関しては
ほとんどカバーできると感じました。もちろん、専門医試験に限らず、基本的な病理所見、疾患の病理を勉強したいと思う方にもお勧めです。
間違いやすい疾患、似た所見、区別するために必要な所見などをまとめて勉強してみると、今まで気付かなかった発見があり、知識の整理にも必ず役に立つと思いました。


JR札幌病院 皮膚科 剱持靖子
スポンサーサイト
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。