FC2ブログ
研修医日記/医療法人社団 札幌皮膚病理診断科
Sapporo Dermatopathology Institute
200203<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200205
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高井利浩/研修医日記(4月)
4月1日
随分と更新をさぼってしまったが、また日記を書いていくことにしよう。日記を更新していない間も、勉強をしていないわけではなく、ただ元々の性格で日記が滞っていただけなのだが。なにしろ、昔から、毎日こつこつと少しずつ何かをやる、というのが不向きな性分で、そのために夏休みの最後などは毎年かなり苦しい思いをしたものであった。通信教育も続かなかった。HP上の日記は後で全部埋めて書かなくてもいいから、よほど気は楽である。ここでの生活もいよいよあとひと月となったことだし、こんな短い日記くらいはしっかり書こうと思う。やっぱりあれは4月馬鹿の嘘でした、と言わなくて済むように、、、、


4月3日
今日の北大皮膚科の検討会の後にあった特別講演は、京都大学の組織工学の先生による、再生医療の話であった。やや畑の違う先生なので、どんなものかなと思いつつ聞いたのだが、これが非常に面白い話で、内容が実に判りやすく興味深いうえに、話される先生が聞かせ上手で、時間を忘れるほどのものであった。また、自分のしておられる研究に対するプライドも、よく伝わってきた。やはり、自らの専門分野に対して、自分は面白くて価値のあることをやっているのだ、という誇りを持つ、というか持てることは医者に限らず大事な事だと思う。もちろん、ただ自信を持つとか、気位が高いとかいうのではなく、だ。ちょっと講義を聞いただけでこんな風に思う僕は単純なのだろうか?自分では純粋なんだと思っているのだが。


4月4日
来週の週末に木村先生が学会に発表するというので、標本出しなどの手伝いをする。今回のはなかなかの数で、去年の全体の標本の1割近くを出してきたのではないかと思う。ただ、あるテーマに沿って大量の組織を見ることが出来るので、自分の勉強にもなる。何の疾患でもそうだが、数をたくさん見ると嫌でもわかるようになってくる。僅かしか見たことがなければ、「うーん、あれかな?」という感じでも、一回にまとめてそればかりを何十件も見たとしたら、、、、次に出てきても、「またこれか!」という感じで反応できるのだ。さすがに今回は何十枚どころか何百枚あるので少し疲れたが。


4月8日
日からもう一人の研修の先生が来られた。曽和先生という女性で皮膚科のキャリアでいえば先輩になる。大阪出身だそうで、確かにしゃべりに関西弁がかなり入っておられる。こちらではなかなか関西弁の仲間がいないので、僕としては有り難いことである。キャラも大変気さくな先生で、いろいろと教えてもいただきたいものだ。今週末の学会の用意のほうはいよいよ佳境にはいり、木村先生も忙しそうである。直前になって忙しくなってしまうのは、いずこも同じのようだ、、、


4月9日
タイガースが強い!熱烈なる阪神ファンの僕としては嬉しいかぎりである。北海道は阪神戦の放映はほとんどなく、巨人の試合ばかりなのが残念だ。しかし、この快進撃のいま、TV放送などあったのでは勉強がまったく身が入らなくなってしまいそうだから、むしろいいのかもしれない。まして、W杯の時期にぶつかったりしてたら、毎日睡眠不足になってしまうだろう。そう考えると、勉強という意味ではよい時期に来れたかなあと思うのだ。2月は寒くて困ったけれど。


4月11日
いよいよ学会発表の準備は大詰めとなってきた。病理組織の写真はわりと上手く撮れていてやり直しなどするはめにはならずに済み、タイトルなどをつけて完成となった。いつも思うことだが、ポスター演題というのは、ぱっと見の印象が結構大事で、細かい字ばかりのポスターでは誰も読んでくれない。今回のポスターは鮮やかな写真を多く使っていて、結論もわりと明快なので、見やすいものになっているのではないだろうか。


4月15日
今日一日だけ、森山先生という年配の病理の先生が見学に来られている。非常に勉強熱心な先生で、これまでも冬以外は月に一回くらい、一日とって勉強に来られていたとの事である。僕の倍以上の年齢でいらっしゃるのに、旅の疲れも見せずに木村先生に質問を連発し、意欲満々なのであった。全く頭の下がる思いである。


4月16日
昨日の森山先生のパワーが強烈で、その反動か、今日は何か朝からどうも体がだるい。曽和先生もそうらしい。木村先生まで疲れた顔をしておられる。木村先生は今日の午後から、またしても学会出張なのだ。何とも忙しい先生である。そのへんのビジネスマンよりもよっぽどあちこち飛び回っておられるのではなかろうか。


4月18日
夕方から「皮膚を見る会」があった。月に一回、研究所で行われる勉強会で、近郊の開業や勤務医の先生が集まり、持ち寄った症例を検討したり紹介する勉強会である。これがまた内容の充実した会で、とてもためになる。周到に準備された学会発表を聞くのもいいが、集まった先生方がああでもないこうでもないと討論されているのを聞くのもよい勉強になるのだ。


4月23日
札幌での研修はとうとう最後の1週間を残すのみとなった。ここまで来ると、また引っ越しの用意やなにやで忙しくなってきてしまうが、研修の方も最後までしっかり充実していたいと思う。


4月24日
北大の皮膚科のカンファレンスに出させていただくのも今日が最終回となった。毎回とても勉強になる会で、いろいろな面で知識を増やすことができ、大変有り難かった。毎週多くの検討会や研究発表、講演があって、ちょっとした学会に行くのと同じくらい、毎回が内容の濃いものであった。この週一回のカンファレンス参加は今後も研究所の研修医のために続けていってほしいものである。


4月25日
最近は木村先生が出張やなにやで忙しいときには、自分で先に標本を見ている。木村先生の横で聞いているときと違い、見るべき病変部がどこかも分からずに自分の未熟さを痛感することもしばしばあるが、これも良い方法だろう。あとで木村先生と一緒に見るときに、それなりの問題意識を持って聞くこともできるし、先に教科書などで調べていれば、2度勉強することになって、より記憶に残る。勉強のやり方じたいもいろいろ工夫するとまた違った効果がある、というのも研究所で学んだことのひとつだ。


4月26日
3ヶ月間の研修がとうとう終了する。短いようで長いようで、やはり短い3ヶ月であった。臨床医としての自分を大げさにいえば改革するべく、木村先生の指導を受けたこの3ヶ月だったが、本当によい勉強になったと感じている。おそらく僕の皮膚科医としての人生は今回の研修で大きく変わっていくだろうと思うくらいである。アメリカではないけれど、僕にとっては北海道が「新たなる希望の地」になったといっても過言ではない。もし皮膚病理に興味のある先生がおられるなら、ここでの研修を考えてみてもいいと思う。まとまった期間をとるのは難しいかもしれないが、効果は折り紙付きである。これは断言してもよい。手術などの臨床研修や基礎研究もいいが、何ヶ月か病理を見ていくのも、またいいと思う。札幌での生活はこれで終わるが、僕にとってはこれが皮膚病理診断学の始まり、入り口というべきだろう。その入り口を大きく開いて下さった木村先生、それぞれの立場からお互いに意見を交換したり多くのことを教えて下さった倉園先生、曽和先生、そしてお世話になったスタッフの方々に心から感謝しつつ、研修を終えたいと思う。

平成14年4月    高井 利浩
スポンサーサイト
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。