FC2ブログ
研修医日記/医療法人社団 札幌皮膚病理診断科
Sapporo Dermatopathology Institute
200205<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200207
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
曽和順子/研修医日記(6月)
6月3日(月)
今日から,6月です。今日はとっても,検体数が多くて大変でした。多分80検体から100検体をリーデイングしたと思います。木村先生は本当にタフです。こんなに忙しくても,私に組織を教えてくださいます。今日は疲れたので帰ります。木村先生,今日もありがとうございました。


6月4日(火)
今日も検体数が多かったです。round or spindle cell neoplasmの症例が2例ありました。診断確定のために特殊染色や免疫組織化学染色を施行します。このような症例は難しいです。1例1例,勉強していきます。皮膚腫瘍は多彩で,転移性のこともあり,勉強する事がいっぱいです。 ワールドカップははじまっていますが,この研究所周辺は静かです。今週の金曜日は札幌で,イングランドとアルゼンチンの試合です。きっと,ドーム周辺は盛り上がることでしょう。私はおとなしく,研究所にいるようにします。


6月5日(水)
今日は,北大皮膚科のカンファに参加させていただきました。いつも,症例検討会のあとに,講演をしてくださいます。今日は軟膏混同についてのお話を薬剤部の教授がしてくださいました。やはり,混同すると分離したり,薬剤の主剤が分解してしまったりと問題が多いようです。とても,勉強になりました。カンファに参加させていただけるのは,本当にありがたいです。 病理は,最近肉芽腫性疾患が多いです。昨日は,necrotizing lipoidica, 今日はgranuloma annulare-interstitial typeの症例がありました。そうそう,炎症疾患も勉強せねばと思いたちました。どうして,こんなに勉強する事が多いのでしょうか。 今週は炎症性疾患も勉強しようと今,心に誓いました。
スポンサーサイト
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。