FC2ブログ
研修医日記/医療法人社団 札幌皮膚病理診断科
Sapporo Dermatopathology Institute
200403<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200405
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東川晋語/現場百回
「同じ疾患を何度も見るのはとても大切なことだよ。」と良く木村先生は仰いますが、確かに一見同じ病名の皮膚疾患でも起こっている現象は検体毎に様々です。また一見難しそうな病理像に思えても皮膚検体に見えている要素を細かく分析し、論理的に考えていくことで意外と身近な病名に帰着することもあります。木村先生の病理診断が研修生を魅了する理由のひとつはこのような豊富な臨床と病理診断経験に基づいた分析力と論理的思考にあると思います。私が毎朝1時間早起きしてリーディングに参加させていただいている意義もここにあります。

 「鉤引き3年」などと外科の世界ではよく言いますが、私の好きな言葉は犯罪捜査の世界でよく使われる「現場百回」です。犯罪現場に百回通っても毎回新しい発見があると言われるように、色素細胞性母斑ひとつとっても百回見るだけでは足りないと感じます。大学の授業開始に間に合う為に時には毎朝20検体見られない時もしばしばですが、現場百回と言わず皮膚病理現場百万回のつもりでこれからも通ってみたいと思います。
スポンサーサイト
東川晋語/門前の小僧
こんにちは。北海道大学医学部4年の東川晋語と申します。今年に入って1ヶ月程木村先生の朝のリーディングに参加させて頂いております。北大皮膚科の授業に木村先生が非常勤講師として出講された際、皮膚病理学に興味がある学生を研究所に招待してくれたのがきっかけで現在に至ります。皮膚科は現在勉強中なので偉そうなことは書けませんが、木村先生の御厚意により学生ながら研修日記を付けさせていただくことになりました。

 簡単に自己紹介します。米国West Virginia州立大学理学部化学科にて学士、修士号取得後に某大学歯学部(3年目で医学部編入学の為中退)を経由し、北海道大学医学部に学士編入学しました。歯学部時代に仕込まれた「人間の機能性、審美性を追求する魂」があるので、卒後は形成外科・美容外科を志望しています。臨床現場での問題解決の為には外科病理学と分子生物学は必須と考えますが、現在の医学部のスケジュールを鑑みると後者の追及は難しいので学部時代は病理学を中心に勉強することにしました。

 皮膚病理研究所での研修の目標は「一体何が皮膚の中で起こっているのか?」を一枚の皮膚検体から疾患の枠を超えて理解できるようになることです。しかし学生の実力はたかが知れているので、現実的には「門前の小僧習わぬ経を読む」の如く木村先生のアリガタイ説明を毎日拝聴することで見た標本の所見をもっともらしく説明できるようになりたい、と考えています。できる限り長く通う予定なので末永くよろしくお願いします。
石川貴美/札幌皮膚病理研究所での研修を終えて
 山口大学医学部皮膚科で研修をはじめて5年目の石川貴美と申します。
このたび、山口大学医学部皮膚科武藤正彦教授のご高配により2003年12月15日~19日までと、2004年1月13日~3月30日まで札幌皮膚病理研究所にて研修をさせていただきました。

【研修を終えた今顕微鏡を覗きながら思うこと】
あらためて、研究所での生活が贅沢で楽しいものだったと実感しています。
木村先生は、「ここの研究所はガイドツアーつきの美術館見学の皮膚病理版、ガイドは僕」とおっしゃいます。まさにその通りでして、今ガイドさんなしで覗く顕微鏡を通してみる標本からは、早口で膨大な知識を系統だてて理論的にお話ししてくださる木村先生の声は聞こえてきませんので、ちょっぴりさみしいのです。先生がいらっしゃらない分、自分で本を調べたり、医局員に尋ねたりしますので、各駅停車、道草の旅のようですが、それなりに楽しんで少しずつ勉強しています。
病理診断はアートではなく、普遍性・再現性を持ったサイエンスだと木村先生はおっしゃいます。
単なる絵あわせ診断でなく、根拠を持って診断にあたるということをみっちり教えていただきました。また木村先生には皮膚病理だけでなく、人生論や夢を持って仕事をすることなど大切なことを教えていただきました。

【充実した研修プログラム】
  研修は他の先生方が研修医日記にお書きになっているとおり朝のリーディングからはじまります。毎週水曜日の北海道大学皮膚科及び病理部のカンファランスに出席させていただいたことも大変勉強になりました。特に、皮膚科のカンファレンスでは、木村先生のおっしゃる「病理から臨床をみる」を実践するかの如く、研究所でHE標本をみた患者さんの臨床経過を提示していただき、本当に勉強になりました。カンファランスに出席をお許し下さった北海道大学皮膚科清水教授には大変感謝しています。
また旭川医大皮膚科の病理カンファランスにも出席させていただき、貴重な症例を呈示していただきました。その他、標本作製の過程を見学させていただいたり、研究所で行われる皮膚をみる会という開業医の先生及び勤務医の先生との勉強会での症例検討も、内容は濃く勉強になりました。さらに皮膚をみる会を通じてお知り合いになった先生のクリニックを見学させていただいたり、一緒に食事に行ったり充実した毎日でした。
さらに、昨年12月には、年間2万件達成記念の日、今年3月には月間2千件達成記念の日に偶然にも立ち会わせていただきました。毎日毎日マラソンランナーのように顕微鏡を覗き、診断をつけ、仕事をなさる木村先生の(実際フルマラソン3回完走なさったそうです)パワフルさにはただ、ただすごい、圧倒されるの一言です。
2月にアメリカのパームスプリングスで行われたアッカーマン先生のセミナーに倉園先生、九州の中野先生、秘書の恵子さんと一緒に参加させていただきました。アッカーマン先生が語られる炎症性疾患のアルゴリズムは大変わかりやすく、感動しました。この旅行中なぜか私に子供用のメニューが出てきたり、最後までコンシェリジェの女性が私のことを某先生の子供だと思っていたりと摩訶不思議なこともありましたが。

【冬の札幌での研修について】
 一年で一番寒いときに札幌で過ごしました。
研修を開始して、数日目、記録的な大雪が降った日、道に迷い、目の前は地吹雪でほとんどみえなく、遭難するかと思ったのも、雪で化粧がくずれるということを体験したのも今ではみんな思い出です。引っ越し当日に駅前のデパートで、底に深い溝がある冬用ブーツを購入しましたが、最初の頃は、恥ずかしい話ですが1日に何度もすべったり、しりもちをついたりしていました(最高6回/日)。 木村先生、塩見先生、山口先生のアドバイスのもと、研究所近くの藤女子高生を観察し、歩き方を研究し、2月頃にはほとんどこけなくなりました
でも、最後まで長身の木村先生の早足にはついていくことは、出来ませんでした。寒さは、確かに外は寒いですが、家の中は暖房設備が充実しています。木村先生はシャツにベスト姿でリーディングルームで過ごされていました。研究所の女性陣は、ノースリーブのセーター、スカートに薄手のストッキングを着ておられました。瀬戸内育ちの私にはとうてい出来ない技だと認識しましたが、夜は、タンクトップにスパッツという山口では8月のスタイルで熟睡していました。お休みの日に大倉山シャンツェでみた札幌の街の雪景色も忘れられませんし、札幌雪祭りは、雪像をつくる準備の段階からみることができました。 夏の北海道もいいけれど、冬の北海道もいいと思います。確かに、外は寒いですけれど。

【最後に】
楽しく、充実した研修でしたが、唯一の悔いは、途中で体調を崩し、研修をお休みして
しまったことです。このときは、皆さんにご心配をおかけして、自分でも反省しています。

 木村先生、塩見先生、山口先生、北海道でめぐりあった多くの皮膚科の先生にお世話になり、皮膚のもつ不思議さ・奥深さをあらためて実感させていただき、これから勉強することが山のようにあることを実感しました。
また秘書・事務の恵子さん、敦子さん、愛美さんにも大変お世話になり、気持ちよく毎日の生活を送ることができました。本当にありがとうございました。
機会がありましたら、是非また研究所で勉強させていただきたいと思います。
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。