FC2ブログ
研修医日記/医療法人社団 札幌皮膚病理診断科
Sapporo Dermatopathology Institute
200409<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200411
福本隆也/アメリカ皮膚病理学会参加記4
学会最終日です。この日は午前中だけです。
木村先生が時間の都合でGottlrieb先生のコースを別な時間帯に変更したので、余ったチケットを譲ってもらって、朝7時からGottlieb先生のConsultation sessionへでることができました。
Consultationは各時間帯に2コースあって、受講者8人が講師の先生とディスカッション顕微鏡をみながら講義を聴いたり、自分の症例のコンサルテーションをすることができます。今回は残念ながら自分の症例を持ってこられなかったので、他の人の症例のconsultationを聞いていました。 もちろん質問も自由にできます。
テーマはmelanoma or notなのですが、soft tissue tumorやneuroendocrine tumorをもってきてる人もいました。このsessionは講師の先生といっしょにじかに顕微鏡をのぞけるのでとても勉強になります。
そのあとはSlide libraryへ行ってまだ見ていない標本を順番に見ました。これも日本ではあまりおめにかからない感染症や、じかに標本をみる機会がなくテキストでしかみたことのない病気がたくさんあって、大変ためになりました。
のこった時間でShort Course IIIを聞いて12時で学会は終了しました。
学会の印象ですが、なによりdermatopathologistやdermatopathologyに関心を持ったdermatologistやpathologistがたくさんいることに驚かされましたし、皮膚病理組織診断についての理解や能力の向上という目的にあったコースやセッションがたくさんあるのがすばらしいと思いました。
アメリカでは皮膚病理のトレーニングプログラムをもっている施設も多いようで、トレーニング中のfellowもたくさん参加していました。全体としてアメリカの皮膚病理組織診断のレベルの高さと教育の充実を感じました。
ASDPのmeetingは2005年はシアトルで10/20~23にあります。西海岸のほうがずっと近くて行きやすいですので来年も是非、また参加したいと思いますし、日本からも多くの方が参加されることを願います。
スポンサーサイト



copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.