FC2ブログ
研修医日記/医療法人社団 札幌皮膚病理診断科
Sapporo Dermatopathology Institute
200710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宮下文/11月日記(2007)
■第5週(11月26日~30日)
Angiosarcoma
 高齢者、頭部、出血、炎症
 特徴の出血は腫瘍細胞の作る血管が弱いため

Birt-Hogg-Dubeユ症候群
 ・ 顔面の線維毛包腫、毛盤腫、腋窩のアクロコルドン
 ・ 腎細胞癌、肺嚢胞、自然気胸
 ・ 常染色体優性遺伝
 ・ folliculin蛋白をコードするBHD遺伝子(17q11、2)に変異
   folliculin蛋白は皮膚、肺、腎に発現する

Follicular cyst isthumus type
 凹凸のある角化、顆粒層なし

Malignant melanoma in situ
 真皮内にmelanophage浸潤
 腫瘍細胞かどうかはS-100、MART-1を

Amyloidosis
 Amyloid A protein
 Amyloid P component

Leucocytoclastic vasculitis
 血管の種類、炎症細胞の種類
 血管壁の障害:赤血球の血管外漏出、フィブリン沈着

RS3PE(remitting seronegative symmetrical synovitis with pitting edema)
 何でも省略ですね スターウォーズみたい
 少し専門的な事柄に近づいたでしょうか   まだまだ



■第4週(11月19日~22日)
Psoriasis vulgaris
初期像
Tumor of follicular infundibulum
Hidradenoma, Pale cell type
Nevus sebaceus, Trichoblastomaを合併
Neurofibroma
Mucous cyst
Lichen simplex chronicus
Eccrine syringofibroadenoma
Lipoma
Granulomatous dermatitis
Lichen amyloidosis
DLE
BCC
Lichen sclerosus et atrophicus
Metastatic carcinoma
Poroma
Trichoepithelioma
Pilomatricoma
Angiosarcoma
Erythema nodosum
Extramammary Pagetユs disease
Merkel cell carcinoma
Eosinophilic cellulitis
Sweetユs disease?
Sarcoidosis
Preschool sarcoidosis
Nodular fasciitis
意味も文字も読み取れない病理検査依頼箋
    臨床医として反省



■第3週(11月12日~16日)
爪のMalignant melanoma
  Hutchnsonユs signのoriginalの定義は?

BCC
 Fibroepitherioma of Pinkus

Mycosis fungoides
Keratoacanthomatous SCC
Proliferating trichilemmal cyst

Nevus spilus
  日本と欧米では概念が違う
   日本はoriginalの概念
Carney complex
Leiomyoma
Eosinophilic pustular folliculitis
Blue nevus
Arteriovenous malformation
Large cell acanthoma
Scleroderma
Trichoblastoma

Journal of Cutaneous Pathologyより
   Immunohistochemical staining of CD10 in atypical fibroxanthomas
    (Tricia L. Hultgren and Dominick J. DiMaio)

ここへ来るまでの何年分かの症例を見た気がします。
話で聞いただけ、教科書や論文で読んだだけの稀な疾患も見ました。
新鮮です。



■第2週(11月5日~9日)
見た疾患

Cutaneous LE
Melanositic nevus
Psoriasis vulgaris
Sarcoidosis
Anaphylactoid purpura
Bullous pemphigoid
Inverted follicular keratosis
Viral verruca
Dysplastic nevus
Solar keratosis
SCC in situ
Nodular fasciitis
Fibroepitherial polyp
Seborrheic keratosis
Dermatofibroma
Syringocystadenoma papilliferum
Basal cell carcinoma
Neurofibroma
Malignant fibrous histiocytoma
Pilomatricoma
Erythema nodosum
Mixed tumor
Nevus sebaceus
Lichen planus
Atypical fibroxanthoma
Venous lake
Eccrine poroma
Tinea versicolor
正常唾液腺について
  大唾液腺、小唾液腺各々漿液性か粘液性か
スポンサーサイト
宮下文/研修医日記
 今日から、札幌皮膚病理研究所で研修させていただきます。
日々の診療に追われて、病理組織とも疎遠になりがちでした。
ブランクは大きいですが、少しでもレベルアップしたいと思います。
よろしくお願いします。
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。