FC2ブログ
研修医日記/医療法人社団 札幌皮膚病理診断科
Sapporo Dermatopathology Institute
200801<<1234567891011121314151617181920212223242526272829>>200803
宮下文/1月日記
■第12週(1月28日~2月1日)
Giant cell tumor of tendon sheath・・・
        Nodular fascitisに類似しているので、部位が重要! 
        以来箋には必ず部位の記載を!
    osteoclast-like giant cell
    foam cell
    siderophage
      histiocyte
      fibroblast
      collagen fiber

Hidrocystoma
    eccrine:duct cyst
    apocrine:gland cyst

Erythrasma
    角層にPAS(+)Gram(+)の線維成分(カンジダより細い)

Nevus sebaceus、小児期
    脂腺が小
    奇形毛包

Morphea
    エクリン腺の周囲の脂肪細胞が消失し、膠原線維に置き換わっている

Plasmacytoma, benign, probable
    CD138が必要

TdT陽性lymphoma
    B細胞リンパ芽球リンパ腫/白血病

Seborrheic keratosis, spindle cell type
    Bowenと鑑別

5(five)Ls:真皮にリンパ球が浸潤する疾患
    Lupus erythematosus
    lymphocytic Lymphoma
    Lymphocytom cutis(Spiegler-Fendt)
    polymorphous Light eruption
    Lymphocytic infiltration of the skin(Jessner)

BCC
    ムチンが貯留し、標本作製時にクレフトができる

Granuloma annulare
    interstitial type:膠原線維間に組織球が散在
    palisaded type:沈着したムチン周囲に組織球が環状に配列

MCN
    C型細胞(マイスナー小体様)


    
■第11週(1月21日~1月25日)
Bowen's disease
  爪床上皮・・・稀な部位
             部位別頻度は?
  
Hypodemitis sclerodermiformis

小血管のleucocyteclastic vasculitisはErythema slevatum diutinumの前駆病変

Leiomyoma
  マッソントリクローム染色
    平滑筋が紫紅色(緑に染まらない)
      膠原線維が赤く染まるので注意!

Solar keratosis
  有棘細胞層上層の角化細胞はは正常に見えるのに錯角化が起こるのはなぜか?
  高齢者のSKは0.5%に病変内にBowen合併

茶色の顆粒は
  メラニン
  ヘモジデリン
  リポフスチン
  異物
    上記のどれか

Ecrrine angiomatous hamartoma
  Eccrine nevusの亜型
   Eccrine汗腺とともに血管の増生を伴う

Stucco keratosis
  Church spire様角化
      Seborrheic keratosis(non pigmented)の一型か

フェトチーネサイン
  膠原線維が水平に幅広いこと(瘢痕)
 第10週(1月15日~18日)

PN
  皮膚症状として:livedo
          pigmented purpura

Neurofibroma with Schwannoma(Neurilemmoma)
  NF中にNLが結節状に混在…珍しい!

DF
  2types : fibroblast predominant…cellular DF
      histiocyte predominant


Wheal
  血管周囲に空隙
   今までに見ているのでしょうが、見えていないのですね

Papulo-erythrodermaの診断には
  Lichen simplex chronicus と 好酸球浸潤が必要

Cystの診断
  壁と内容が正常のどこに似ているか
    顆粒層がなくて、結節状の内容→isthmus(立毛筋~脂腺の間)の組織
      catagen stageはfollicle全体がこの組織になる

Mixoid lipoma

Sclelotic fibroma
  Sclerotic collagenoma

Mehregan, PinkusのLife History of Organoid Neviを入手しました。
(定久さん、高野さん、ありがとうございました。)
   これで・・・と思ったら、“organ-naevus”(organoid nevus)という語は1895年
Jadassohnが初めて使ったということでした(大系にも出ていました)。Refferefces
を見るとドイツ語で40ページあります。オリジナルを求めて…はここで挫折しました。

Mehreganのpaperについてはもう少しかかる(?)予定です。



■第9週(1月7日~11日)
あけまして おめでとうございます
  今年もよろしくお願い申し上げます

Primary cutaneous anaplastic large cell lymphoma
  皮膚科学大系によると未分化大細胞型リンパ腫の同義語として
   Anaplastic large cell lymphoma(ALCL)
         (primary cutaneous type)
   Primary cutaneous large cell lymphoma
   Cutaneous Ki-1 lymphoma
   Primary cutaneous CD-30 positive lymphoma
      Ki-1抗体(抗CD-30抗体):
       Hodgikin細胞が免疫原でALCLの腫瘍細胞とも反応

Histiocytic necrotizing lymphadenitis (Kikuchi disease)
   30%に背部、上腕に(赤い)丘疹
   1例 DLEとの合併の報告
   LEがKikuchiに先行することも、Kikuchi が先行することもある
  Nodular cutaneous lupus mucinosisの像
  
Ulcerにはvasculitisあり
   Biopsyはulcerのない部分からすること

organoid neviのorganoidの意味、定義は?
   捜査中です
      Stedmann、表皮の腫瘍および類縁疾患、
      Neoplasms with Sebaceous Differentiationを
      あたりました。
        OriginalのMehreganのpaper待ちです
スポンサーサイト



copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.