FC2ブログ
研修医日記/医療法人社団 札幌皮膚病理診断科
Sapporo Dermatopathology Institute
200812<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200902
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宮下文/2009.1.18
1か月ぶりの研修医日誌です。
年末年始ゆっくりと帰省させていただきました。

 久しぶりの皮膚病理診断で忘れてしまっているのではと不安でしたが、基本的な診断は割と早く思い出せたように思います。でも、常々、木村先生からご指導いただくのですが、診断したことを正しい日本語で、正しく伝えるということは大変難しいことです。口頭で伝えるなら、相手の反応を見て、誤解されたことは説明し直せますが、病理診断報告書はその1枚で自分の考えを適確に表現しなければなりません。やり直しはききません。若いころ読んだ、“最後の診断”という骨肉腫の病理診断を扱った小説を思い出します。“皮膚”病理も同じ病理診断、後のない最後の診断と肝に銘じて行きたいと思います。
 先日の研修医室のランチにピリ辛ライスが出ていました。ピリ辛、激辛などの辛い料理の好みは個人差が大きいようです。私は好きな方です。年末に、京都の錦小路でおせち用の買い物をした後、昼食にラーメン屋さんに入りました。メニューで目についた“日本一辛い坦々麺”を注文しました。ネタになりそうと、面白半分の気持ちもあったのですが、運ばれてきた瞬間、後悔しました。どんぶりの表面は炒めた鷹の爪で覆われていました。ひょっとしてマイルドな赤唐辛子?と、おそるおそる齧ってみたら、やっぱり普通の鷹の爪でした。どんぶりの向こうの端に鷹の爪をよけて、やっと姿を現した麺を少しずつ食べました。鷹の爪は40~50本はありました。汗が出て、鼻水が出て、涙が出ました。周りのお客さんの視線が“ようあんなもん頼むわ”と言っていました。“うわー!辛そう!”と言って通り過ぎた人もいました。鷹の爪を残して食べ終わったら、訳のわからない疲労感が残りました。話のネタにはなっています。
スポンサーサイト
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。