FC2ブログ
研修医日記/医療法人社団 札幌皮膚病理診断科
Sapporo Dermatopathology Institute
201002<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201004
仙波祐子/研修医日記 最終回
 半年間の研修もあっという間に終了を迎えてしまいました。

 北海道は吹雪いていましたが、三重では桜が咲いています。毎日が飛ぶようにすぎていった、本当に楽しく、充実した半年間でした。今は札幌にいたことが夢のようで、冬眠から醒めたクマのような気持ちです。

 木村先生は、お一人でたくさんの標本を診断し、大変お忙しい毎日でありながら、日々標本の解説を続けて下さり、またその時その時の能力や興味の対象に応じて、適切なミッションやプロジェクトを与えて下さいました。階段を一歩一歩上っていくように、段階に応じて研修内容が変わっていくことで、マンネリ化を防ぎ、成長を実感することができたと思います。論文やブログ原稿など、研修期間中に仕上げられなかったものもありますが、なるべく早く先生のお手元に届くようにしたいと思います。どうぞ、お体に気をつけて、今後も皮膚病理を学びたい人達に、勉強の場所と機会を提供し続けて下さい。


 スタッフの皆さんには、陰ながらですが、本当に様々な場面で支えていただきました。時間に追われる慌ただしい業務中にもかかわらず、細やかな心配りと笑顔での対応、毎日の挨拶、学ばされるところが多かったです。そして日々の何気ないちょっとした会話に心癒されていました。また是非ご一緒にお出かけしましょう。


 一緒に研修をさせていただいた研修医の先生方、毎日朝から晩までおつきあい下さいまして、本当にどうもありがとうございました。隣で標本を見ながらあれこれ独り言を言っていたり、いい匂いを漂わせておやつを食べていたり、他にもいろいろとご迷惑をおかけしたことと思います。標本をお互いに見せ合いながら、意見や感想を交換できたことが、とてもいい勉強になりました。これからもお互いそれぞれの場所で、頑張っていきましょう。


 それから、カンファランスに参加させていただいた、北大病理部と皮膚科の先生方にも、この場をお借りしてお礼申し上げたいと思います。形態学に精通した病理の先生方のコメントには本当に学ぶところが多く、何気なく語られる一言一言を、“耳をダンボにして”聞き入っていました。皮膚科のカンファランスでは、臨床と病理を照らし合わせて、難しい症例につっこんだディスカッションがなされていて、皮膚科の奥深さと面白さを教えていただきました。病理の勉強も大事ですが、正解に近づくために、臨床能力をもっともっと磨くことが必要だなと実感させられました。



 この半年でどれだけ成長できたのか、今自分ではよく分かりませんが、これまでの経験を明日からの診療に生かしていきたいと思います。また、今後は、札幌を離れてどう勉強を続け、成長していくかが、自分にとっての一番の課題だと思っています。半年間どうもありがとうございました。
スポンサーサイト



copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.