FC2ブログ
研修医日記/医療法人社団 札幌皮膚病理診断科
Sapporo Dermatopathology Institute
201209<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201211
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
KAKU / ASDP 49th Annual Meeting
シカゴで開催されたASDP 49th Annual Meetingに行ってきました。僕は上司の阿南先生の旅のお供・ボディーガードも兼ねての参加です。木村先生のアドバイスもあり、時差ぼけ対策のため2日前に現地入りしました。

初日
シカゴブルズのバスケの試合を観戦しました。18時にホテルチェックイン→19時から試合開始とかなりタイトなスケジュールでしたが、アメリカ的な雰囲気を堪能し僕はハイテンションになりました。帰り道、大雨が降ってきてタクシーがなかなか捕まらずビショ濡れになり、クールダウンできました。阿南先生もしっかり雨に打たれました。

2日目
午後から元研修生・大先輩の福本先生チームと合流し計6人で行動しました。観光隊長のY原先生の先導で、世界で2番目に高いWilis Towerに登り、シカゴの夜景を見ました。大人数で行動すると、ワイワイガヤガヤとなり、外国にいるというストレスがほとんどなくなりました。

3日目 〜6日目
学会がいよいよ開催しました。朝8時からBoard Review Courseの講演を4時間ぶっ続けで聴きました。これは皮膚病理の専門医資格を取る人達に向けた、試験にむけての網羅的な感じの内容でした。当然ながら英語でのレクチャーです。ビギナー向けの話と思いきや、ベーシックというよりもアドバンストな内容に感じました。やっぱり若手といっても参加者は日頃から病理診断をサインアウトしているプロなわけで、そんな人間が何百人と一堂に会する大広間は不思議な光景でした。彼ら一人ひとりの目的は伺い知れませんが、とにかく真剣な眼差しで取り組んでいて、なんかこちらも燃えてきました。

ところで、学会の企画構成は主に3つに分けることができると思いました。第一は若手の育成/教育に重点を置いた企画です。先に挙げたBoard Review Courseもそうですが、若手の症例報告やポスター報告の場も用意されています。進路相談の企画もあったように思います。後で紹介するSelf Assessmentも若手教育の意味合いがあると思います。

第二は、最新知見の共有です。Short Courseでcutaneous lymphoid infiltrate、melanomaなどの企画が組まれ重点的に講演があります。shortといってもそれぞれが3〜4時間あります。旬のトップリーダー達が最新知見/問題点について講演し、質疑応答も盛り上がります。melanomaでは臨床診断の新しい診断法、Geneticな知見とsubtype、外科的治療に関しての内容でした。。ほかにもinpatientやpediatoric drematopathologyの切り口で企画が構成されていました。

そして第三に、若手に限らず参加者全員が皮膚病理の実践的な診断能力を向上させるための企画です。Self AssessmentやConsultationsなどがその中心で、どちらも顕微鏡を実際に使います。人のお話を聴いて知識を増やすこととはまた別に、一つの標本から診断を導くというプロセスを重要視してこのような構成にしていると感じました。Self Assessment は顕微鏡が百台並べられた部屋があり、50標本を2時間半かけて読影し、質問に回答して行きます。翌日にまた4時間の答合わせのレクチャーがあり、フィードバックできる仕組みです。Consultationsは10人ほどのスモールグループで、自分たちでさっと標本を読影したあとに、エキスパートの先生を囲んで症例を供覧するスタイルです。定員制で、自分の興味のある分野を参加者が申し込みます。僕はサンフランシスコ大学のPhillip E. LeBoit先生の"Lesson I have learned from difficult cases"と、血管系腫瘍で有名なOmar P. Sangueza先生の"Vascular lesions"、ミシガン大学のRajiv M. Patel先生の"A practical pattern-based approach to cutaneous soft tissue tumors"に参加しました。LeBoit先生もSangueza先生も「Tetsu (木村先生)によろしく言っといてな」と言っておられました。他にもEvening Slide Symposiumというイカした企画もありました。15例の症例をあらかじめ参加者が読影しておいて(初日からホテルの一角に標本と顕微鏡が用意されていて、24時間公開されています)、3日目に大広間でみんなでビールとおつまみを片手にリラックスした雰囲気の中で答え合わせします。もちろんスピーカーの回答とレクチャーの内容は手は抜いてはありません。この辺のバランス感覚というか、エンジョイする感じはアメリカ人は上手いと思います。酒呑みには嬉しい企画です。

まぁそんな感じで、物珍しいので全部の企画に参加していると朝8時から夜遅くまで皮膚病理と英語づけになりました。晩ご飯時には日本の先生方と情報交換できたのも有難かったし、とても楽しい思い出です。一番後輩なのに、Y原先生やO川先生にも中途半端な敬語で馴れ馴れしくお付き合いさせて頂けたのも英語圏だったからだと思います。日本だったら怒られてると思います。皆さん、誠に失礼しました、そして有難うございました。この場を借りて感謝の挨拶とさせていただきます。来年も、その次も、また皆さんと参加できればよいなと思います。おわり。

シカゴブルズ

「シカゴブルズの試合直前の会場です。みんなノリノリでした。」


ランチョン

「ランチョンも信じられないくらい豪華な食事がでました。リゾットが美味しかったです。」


Willis Tower

「Willis Towerから元祖摩天楼を見下ろしました。」


スペアリブ

「シカゴ3大食べ物のスペアリブにはまりました。」
スポンサーサイト
Third month (September)/Lee Bang Rom
Learning experience:

The prolonged summer was finally over; it ended with a few days of heavy down pour and cloudy skyline. As the autumn set in, I am delighted with the cooler temperature. While the local are celebrating the autumn harvest festive, I am overwhelming and enjoying the local fruits as the price of the fruits and vegetables become reasonable. As for my learning, it is still far for me to harvest my result in this institute.

Within these 3 months, I have been learning and, thus more comfortable dealing with inflammatory diseases and skin appendages tumors. However, I am still having melanocytic lesion phobia. I am still struggling with the differentiating and recognition points of nevus from melanoma.. My perception of melanoma being rare among Asians is totally deviated. Back in Kuala Lumpur, I can only recall 4 cases of melanoma in the year 2011; in which most of them were of acral lentigenous type. However, I appreciate such training opportunity in this difficult field. Due to Dr Kaku’s study project, I have been viewing great number of Spitz nevus cases in the shortest time

I enjoy reading the enormous books collection in this institute. There are not only dermatology or medical textbooks (both in English and Japanese) but also historical text. I found an interesting book titled “A year without peer” by the late Dr Ackerman and his best mate Dr Miller. I had a wonderful afternoon reading through his writing. In this book, Dr Ackerman described the training experience in his earlier years. Vast majority of the chapters were devoted to Dr Nelson; his teacher. The establishment of high standard for practice and learning in dermatopathology by Dr Ackerman which I believe influenced much by his teacher. Dr Ackerman’s hoped through his recalls and record, in future there will be more meritorious models in medicine. In my opinion, Dr Ackerman himself had continued this meritorious spirit in medical education and development. This spirit has landed and blossomed in many part of the word.

I salute Dr Ackerman’s intelligent and determination in achieving high achievement in his career. At the same time I admire Dr Miller as a balance human being. As he described, a doctor who is married and has children is a juggler with four balls in the air concurrently: marriage, children, profession and intellectual growth. The maintaining, sustaining and continued development of a balance life is not easy.


Daily living:

It is blessed as Sapporo city is built with marvelous cycling infrastructure consisting of marked lanes, tracks, shoulders and paths designated for use by cyclists. Best of all, there are several long bicycle paths. Along the Toyahira River’s bank, there is a 40 km of bicycle path lined from Sapporo Bridge till Jozankei. Shiroishi Cycling Road lined from Shiroishi ward till Kitahiroshima is another option. Both paths are relaxing during autumn. When the red leaves (紅葉) session arrive, I might consider Shikotsuko Cycling Road.

Third month-1Third month-2Third month-3


copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。