FC2ブログ
研修医日記/医療法人社団 札幌皮膚病理診断科
Sapporo Dermatopathology Institute
202104<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202106
山口淳/研修医日記2
 昨14日は札幌郊外の手稲山が発冠雪でした。札幌市内も木々の紅葉が進むとともに寒さが増し、自宅でも朝は床暖房やストーブを使っています。
 さて、毎週水曜日は北大の病理部と皮膚科の病理カンファランスに参加する日です。木村先生、病理専門医でスタッフである塩見先生と一緒に参加します。病理部のカンファランスは朝10時ごろから、皮膚科のカンファランスは午後5時過ぎからで、いつも歩いて北大まで行っています。
 病理部ではリンフォーマその他の非上皮系腫瘍や転移性皮膚腫瘍のうち診断の難しいものを中心に病理部の先生方とディスカッションしながら診断を詰める作業をしています。皮膚科では抄読会、症例検討会などに参加させて頂きます。どちらもとても勉強になります。特に皮膚科カンファランスへの参加は臨床の勉強にもなっています。
copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.