FC2ブログ
研修医日記/医療法人社団 札幌皮膚病理診断科
Sapporo Dermatopathology Institute
202001<<1234567891011121314151617181920212223242526272829>>202003
曽和順子/研修医日記(4月)
4月16日(火) 
私は4月8日より、この研究所の研修医となりました曽和順子です。藤田保健衛生大学皮膚科の松永教授の紹介でやってきました。 ここで勉強させていただいてから、もう1週間です。1日中、病理標本を見る生活にも慣れてきました。 病理標本をじっくり見ていると、いろんな所見が見えてきます。まず、正常組織を把握しようと(毛)の組織の勉強をしました。研修医の高井先生に教えていただき、組織写真をとって印刷しました。とても、きれいに印刷できて、自己満足にひたりました。少しづつでも、勉強して疑問点を解決したいと思います。


4月17日(水)
今日は木村先生が出張です。木村先生から「血管腫の分類について勉強する」という課題がだされ、高井先生と2人で血管腫の組織を朝から見ていました。ある程度は分類できそうですが、正確に分類するのが難しい症例も多く頭を悩ませています。 今日はこれから、北海道大学の皮膚科のカンファレンスに行きます。


4月18日(木)
今日は“皮膚を見る会”がありました。病院の先生方が、症例を供覧してくださいました。mucinous carcinomaの症例などを供覧してくださいました。みなさん熱心に勉強されておられまして、私にも非常に勉強になりました。


4月19日(金)
今日の昼御飯は、お好み焼きでした。この研究所の近くには定食屋も多く、どこで食べてもおいしいです。このお好み焼きやさんもおいしくて、幸せ気分です。


4月22日(月)
札幌もやっと、暖かくなってきました。桜も咲き始めました。まだ、夜は寒いですが、春が来た感じです。藤田保健衛生大学は桜がとても、きれいです。札幌で2度目も花見ができて、得をした気分です。


4月23日(火)
今日は高井先生の第1回目のお別れ会です。近くの鰻屋さんに、木村先生に連れていってもらいました。これも、おいしかったです。 ここに来て2週間になりました。皮膚軟部腫瘍の組織をよく理解できていないので、まとめて見る事にしました。200枚程、組織があります。やはり、難しいですが全部読み終わる頃には、少し解っているかもしれません。がんばります。


4月24日(水)
今日は、木村先生は出張です。自習をしています。 やはり、軟部腫瘍は難しい。。典型的な症例なら


4月25日(木)
今日も朝7時半から、リーデングが始まりました。朝はやく起きるのにも、少し慣れてきました。朝早いと、得をした気分になるから不思議です。 今日は菌状息肉症の組織がよくわかりませんでした。そこで、高井先生がいままでの菌状息肉症の組織をだしてくれました。明日、みんなで検討する予定です。このように、まとまって症例を見れるので、とても勉強になります。 
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.