FC2ブログ
研修医日記/医療法人社団 札幌皮膚病理診断科
Sapporo Dermatopathology Institute
202001<<1234567891011121314151617181920212223242526272829>>202003
中村考伸/研修医日記5
3月30日です。
昨夜研修を終了し東京に帰ってきました。日を越えてしまいましたが日記を書いています。
昨日は朝から雪が降っていて寒い日でした。相変わらず路面も凍結しており気をつけて歩かないと転んでしまいそうです。いつものように7:30に木村先生がいらっしゃってリーデングが始まりました。
思えば3ヶ月あっという間でした。最初は訳もわからず木村先生のおっしゃることをひたすら聞いてプレパラートをみてノートをとり続ける毎日でしたがだんだんプレパラートをみて頭の中に病名が浮かぶ疾患が増えてきました。不思議にコード番号も覚えています。
(001はBCC、002はdermatofibroma、004はmelanocytic nevus、 005はSKなど)
1月からの検体番号は9000番台になりました。

プレパラートをみながらこの3ヶ月間を振り返って考えていました。雪の降る研修初日1月4日木村先生のリーディングに他の研修医が帰省のため1人きりで参加したこと。日本で有数のカンファレンスといわれる北大皮膚科カンファレンスに参加しその熱気に圧倒されたこと、北大病理部との合同カンファレンスにも参加し皮膚科以外の他臓器疾患やリンパ腫などの病理を勉強させていただいたこと、と刺激的な毎日でした。
また研修医の先生方は毛髪疾患のエキスパート阿南先生、神戸からいらっしゃった基幹病院の医長ををつとめられていた木曽先生、病理を専攻後皮膚科大学院に入られ三重からいらした仙波先生とみな優秀な先生方で多くのことを教えていただき学ばせて頂きました。

仕事としては大学よりの4症例を1例は皮膚をみる会で発表させていただき(その後皮膚科学会地方会で発表)3例は免疫染色も加えていただき検討していただきました。
皮膚病理クラブのブログもいくつか書かせて頂きました。勉強になったのはSCC in situとSCCの定義と鑑別点を教科書7冊ほど調べて表にしたことです。「1冊でわかる皮膚病理」の校正も一部担当させて頂きました。
 
またスタッフの皆さんはとてもよく働く明るい人たちばかりでおかげで楽しく研修させていただきました。研修以外にも楽しいことがありました。外科時代の先輩が函館にすんでおり遊びに行ったこと、2月に誕生会をしていただいたこと、食事は自炊で道産の海産物を中心においしくいただいたこと、送別会を盛大にしていただいてそこで1曲歌ったことから。木曽先生ボーカルで、木村先生と仙波先生演奏のコンサートにつながったことなどいろんなことがありました。そんなことを考えているうちにあっという間に私の帰る時間になり木村先生を始め仙波先生、スタッフの皆さんに送っていただきました。

研修当初は不安でしたが今は札幌にきてよかったと思っています。今後は病理から臨床を、臨床から病理を考えられる皮膚科医になれるようトレーニングしていきたいと思います。
最後に研修の場を与えていただいた木村鉄宣先生、研修医の先生方、スタッフの皆さん、またこの研修を許可し快く送り出していただきその後も叱咤激励していただいた出光俊郎教授、と医局の先生方に感謝して研修医日記を終わりたいと思います。
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.