FC2ブログ
研修医日記/医療法人社団 札幌皮膚病理診断科
Sapporo Dermatopathology Institute
202001<<1234567891011121314151617181920212223242526272829>>202003
松島智慧/2月日記
■2008年2月25日~3月1日
 25日~27日:妹達が札幌に遊びに来ました。夕食は一緒に食べに行き、3日間でお寿司、ジンギスカン、海鮮居酒屋へ行きました。北海道の美味しいものを堪能しました。

 28日:研修終了も間近と言う事で、初めて、診断の入力をさせていただきました。下見だけでも難しいですが、実際の入力となると、更に難しかったです。

 29日:研修最終日となってしまいました。たくさんの標本を見せていただき、勉強させていただいたおかげで、札幌に来る前よりも皮膚病理診断の力が付いたと思います。研究所以外では、これほど多くの標本を見ることは不可能ですが、今後は、バーチャルスライドなどを利用させていただき、勉強していきたいと思っています。研究所の近くの焼き鳥屋さんで送別会を開いてくださりました。とても楽しく、あっという間に終わってしまいました。明日神戸に戻るのが寂しくなりました。札幌は遠いため、なかなか来る事はできませんが、また、講習会に参加したり、機会があれば是非研究所に来たいと思います。

 毎日がとても楽しく、多くの貴重な経験をさせていただき、本当に充実した3ヶ月でした。札幌皮膚病理研究所で勉強させていただけたのは本当に幸せな事だと思います。研究所でお世話になった先生方、スタッフの皆様、研修を許してくださった神戸の職場の先生方に大変感謝しています。今後はこの経験を生かして、更に勉強を進めていきたいと思います。ありがとうございました。



■2008年2月18日~24日
 18日:札幌での生活ももうあと2週間を切ってしまいました。ブログ(皮膚病理覚え書き)を時々担当させていただいているのですが、どんどんテーマがたまってきています。また、インターネットCPCで発表した疾患についてと、神戸の職場からのセカンドオピニオンの症例についてもまとめたいと思っています。そして、札幌の町も楽しみたいと思っています。やりたい事が多過ぎて、時間が足りません。まだ今のところ、雪道で滑って転倒したことはありませんが、ここ数日の寒さのせいもあってか、風邪をひいてしまいました…早く治して、やりたい事を一つずつ進めていかないといけません。今日は出張で苫小牧に来ていた友人と食事に行きました。会うのは数年ぶりですが、お互いあまり変わっておらず、とても楽しい時間を過ごしました。

 21日:論文作成のため、曽和先生が研究所に来られました。曽和先生には、インターネットCPCでお世話になりましたが、お話しするのは今日が初めてでした。他の先生方から伺っていたとおり、とてもかっこよくて素敵な先生でした。今日は皮膚をみる会がありました。短い時間でしたが、中村先生や他の先生の貴重な症例や経験などのお話を伺うことができ、とても勉強になります。

 23日:来週の今頃にはもう神戸に帰っています。本当にあっという間です。神戸の職場の先生方や友人へのお土産を探しに行きました。

 24日:勉強をしに研究所へ行ったところ、東京へ出かけられた木村先生と定久さんが、雪のため札幌に戻れなくなったとの事で、古賀先生と秦先生が報告書の下書きに来られました。報告書の発行も遅れることになりましたが、お戻りになった木村先生がチェックされ、無事に発行できたようです。
昨日からの雪のため、北海道への多くの便が欠航となり、交通機関が乱れ、多くの人がキャンセル待ちとなっていたそうです。曽和先生は無事、大阪へ帰られました。北大の入試は一日延期となったようです。



■2008年2月11日~17日
 12日:研究所がいつもお世話になっているデリカフェが掲載された北海道ウォーカーが発売されました。研究所からは、地域の常連のお客さんとして、定久さん、高野さん、田中さん、和田さんが載っていました。知っている人やお店が載っている雑誌はなんだか嬉しくなります。連休中の穏やかな天気から、冬型の天気に戻りました。寒いですし、雪もたくさん降っています。

 13日:研究所の屋上の雪下ろしに業者さんが来ていました。北海道の雪はパウダースノーなので、北陸の雪よりは重くないようですが、大変な仕事です。今日もたくさん雪が降りました。なぜかいつも、北大の皮膚科カンファへお邪魔する水曜日に雪が多い気がします…今日も医局へ着く頃には雪で真っ白になりました。

 16日:今日は北大で北海道地方会がありました。秦先生が「隆起性皮膚線維肉腫(DFSP)78例の臨床および病理組織学的検討」を発表されました。このような発表は、研究所のようにたくさんの症例が集まる機関でしか検討できないので、とても価値のあるものですし、勉強になりました。地方会への行きも帰りも前が見えないくらいの吹雪でした。

 17日:兼古先生が札幌市医師会で「皮膚の真菌感染症 当施設において2001年から2007年に病理診断された症例の検討」を発表されました。当日は参加できませんでしたが、ポスターを見せていただきました。皮膚科以外の先生にもわかりやすいすばらしいポスターでした。私も他の先生方のように、きっちり検討し、うまくまとめて発表できるようになりたいと思います。
 2008年2月4日~10日
 7日:もうすぐバレンタインです。出張などでなかなか研修生の先生が全員そろう日がないので、早めに渡す事になり、古賀先生と私で丸井へ行きました。地下も特設会場もたくさんのお客さんで賑わっていました。木村先生と秦先生へのチョコレートを購入し、古賀先生も私も自分用のチョコも購入し、更にショコラノヲルホリのホワイトチョコソフトを食べました。とっても美味しかったです。他にも食べている人がたくさんいました。やはり、北海道では、寒い冬に暖かい所でアイスを食べるのが定番なのでしょうか。

 9日:両親が札幌へ遊びに来ました。兼古先生のお勧めの、テレビ塔が見えるフレンチのお店へ行きました。美味しかったですし、いい雰囲気のお店でした。その後、大通公園の雪まつりへ行きました。テレビで見るのとは、迫力が違い、とても綺麗でした。今日は暖かかったので、寒さにも雪にも慣れていない両親にはちょうど良かったです。

 10日:旭山動物園へ行きました。私は卒業旅行で行った事があるので2回目です。以前よりも建物が増えていましたし、更に有名になり、多くの人が訪れていました。3年前にとても小さな赤ちゃんだったオランウータンが大きくなっていたので、なんだか嬉しくなりました。一通り園内を周り、ペンギンのお散歩も見ることができました。動物を見ていると、なんだか優しい気持ちになれる気がします。今日も天気が良く、暖かかったので良かったです。またいつか機会があれば、次は動物達が元気に外を動き回っている雪のない季節に行きたいと思います。



■2008年2月1日~3日
 1日:あっという間にもう2月になってしまいました。今月は短いですし、もう札幌での生活もあと一ヶ月をきってしまいました。時間を有効に使わないといけません。今日はミーティングと兼古先生のお誕生日会がありました。いつもはケーキとお花でのお祝いですが、今回は、桜餅やいちご大福などの和菓子でした。とても美味しかったです。

 2日:節分の一日前ですが、いつも私も含め研究所の皆さんがお世話になっている、研究所の3件隣のデリカフェさんで恵方巻を販売していました。関西では以前から、節分には多くの家庭で恵方巻、いわし、豆を食べる習慣がありますが、北海道では恵方巻はまだあまり一般的ではないと聞き、驚きました。一日早いですが、恵方を向いて食べました。夕方には北海道二期会のカルメンのオペラを観に行きました。生でオペラを見たのは初めてでしたが、とても面白かったです。その後、古賀先生御夫妻と、御友人の食事会に参加させていただきました。札幌であったストーマ・排泄リハ学会に参加するために、福岡・東京・栃木から来られていました。とても楽しい時間を過ごさせていただきました。
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.