FC2ブログ
研修医日記/医療法人社団 札幌皮膚病理診断科
Sapporo Dermatopathology Institute
202001<<1234567891011121314151617181920212223242526272829>>202003
井上智子/研修医日記6
 1週間は長いと思っていましたがあっという間に過ぎてしまいました。学会最終日です。
朝8時からoral presentationでした。一人持ち時間質疑応答含めて10分です。いろいろな発表がありました。10分めいっぱい使ってこれでどうだ!と有無を言わせないような発表、診断につきいろいろ意見を求める発表、どれも興味深いものでした。
ここでも英語力が必要です。発表は原稿を用意して(もちろん暗誦です)練習すればよいかもしれませんが、質疑応答がやはり大変です。相手が何を求めて質問しているかを理解しないといけないし、十分な回答ができないといけません。難関です。ここで発表していたチェコのDr.DV Kazakov(まだ30後半くらいの若い先生でした)がとてもいい発表をしていました。
発表のテーマはsebaceous neoplasmでしたが内容も素晴らしく、解釈もとても素晴らしいと思いました。発表の後に木村先生がよい発表だったと声をかけたところ、今取り組んでいるprojectに合う標本をもっていないか、持っていたら加わってほしい、今やっているのはこんなprojectだから見て欲しい、と次々と積極的にdiscussionを持とうとしていました。そのエネルギーがすごい!返事も早く欲しそうでした。さすがの木村先生もびっくりされていて、標本を探す時間をくれ、とたじろいでいるようでした。
Oral presentationの後はmain lecture、special lecture、Ackerman lectureと特別講義が続きました。
その後、Self assessment discussionと進んでいきました。初日のSelf assessmentの解説です。症例を出した人が症例説明をしました。ほとんどの症例がふーん、珍しいのね、というものでした。でも、自分が所見だと思ったところと、本当の所見とののずれがよくわかって、とても勉強になりました。
また、日本でないからこそ見られるという症例もあり興味深かったです。正答率は・・・聞かないでください。次はがんばります。ここで印象に残った症例は色素性痒疹です。日本では割に遭遇する機会の症例ですが、病理所見はacute lesionで、melanophageはなく、spongiosis、好中球浸潤が目立つという、全く色素性痒疹を考えないような所見でした。これもA B啼rの発表だったのですが、彼女が言うには、患者さんが皮疹の出現した当日に受診し、当日に生検ができたからではないかとのことでした。色素性痒疹は日本で主に発表され論文になっているようで、他国では少ないようです。意外でした。
アメリカではDermatopathologyという分野が確立され、dermatopathologistという資格が認められています。ヨーロッパ、その他の国、全ての国が同じ制度を持っているわけではなく、日本と同様にdermatologistでdermatopthologyを専門分野としているという人がたくさんいました。20%皮膚科をやり、80%皮膚病理をしているという人、50%ずつやっているという人。もとは皮膚科だけど、病理に興味があって参加したという人、さまざまです。オーストリアの先生のlectureでヨーロッパの皮膚病理としての体制はアメリカよりも50年遅れているといっていました。日本はどうなんでしょう。学会全体でもアジア人の参加者は少なかったです。日本だけでなく、アジアでももっと発展させていくべき分野なんだろうなと感じました。
 無事に学会も終わり、木村先生ともども無事帰国しました。
今回、ISDPに参加できたことは私にとってとてもプラスになったと思います。いろいろ感じることができ、刺激になりました。これを無駄にしないように努力していきたいと思います。このような機会を下さった木村先生はじめお世話になったいろいろな方に感謝しています。
今後また、他の研修医の皆さんが積極的に海外の学会に参加できるようにしていきたいといろいろな学会に参加されるそうなので、可能な方はぜひ参加されるといいと思います。私も今度は演題を出して参加できたらいいと思います。
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.