FC2ブログ
研修医日記/医療法人社団 札幌皮膚病理診断科
Sapporo Dermatopathology Institute
202104<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202106
福本隆也/アメリカ皮膚病理学会参加記2
学会は朝6:30 !からです。木村先生は7時からのSelf Assessment Aへ。僕はフロアにおいてある朝食をとって、少しポスターを見て、8時からのShort Course Iを途中まで聴講。LeBoit 先生のGranulomatous slack skin, Hood 先生のGVHD、Kamino 先生の Kamino bodyの講演を聞いてからSelf Assessment Bへ。Self Assessmentは一回に100人ずつで、顕微鏡の前に座って順番に標本をまわして、自分で診断をつけていきます。これがまた、難しい例が多く、みたことのない疾患もたくさんあります。全部で51題あって、1枚を2分で次の人に回さなくてはならず、集中してみますのでぐったり疲れてしまいました。ここで昼休みです。
サンドイッチをもらってメインホールで食べていると、すぐにoral sessionがはじまってしまいました。昼休みも発表しているんですね。14:30からは軟部腫瘍で有名なDr. Fletcherの講演を聞きました。
そのあとは、consultation sessionやself assessment Cで、僕は特に予定がなかったので、ホテルで休憩。
さて、夜はPresident's Reception & Banquetです。少し離れたJ. F. Kennedy Library and museumというケネディ大統領記念館みたいなところでReceptionがありました。ここではアメリカでDermatopathologisitとして仕事をしている日本人のDrと話すことができましたが、彼も1日200くらいのreportを書いているそうです。
アメリカにはそのようなDermatopathologistがたくさんいるようです。記念館を見学してから夕食です。ボストンなのでロブスターでもでないかなあと期待していましたが、でかいチキンでした。残念。
木村先生はいろんな人をみつけてあれこれしゃべっていますが、僕はあまりしゃべれず。こういう席では英語力がないのがとても残念です。
copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.